www.redleafdesigns.com

慰謝料を明確にする

実際に離婚という二文字が頭をよぎった時、今まで曖昧だったことを明確にしていかなくではいけません。

その最もたるものが「慰謝料」です。
慰謝料とは相手が原因で離婚をした場合に受け取ることができるお金のことになります。
よく離婚する際に「慰謝料を請求する」という言葉を聞いたことがありませんか?
例えば浮気をした場合に関しては浮気をした側が慰謝料を支払わなくてはいけません。
これは精神的損害を受けたという場合でも慰謝料の請求が可能です。

実際に離婚が長引くというケースは、この慰謝料の問題がほとんどだと言えるでしょう。

言ってしまえば、当てつけでどのような理由でも慰謝料は請求できます。
それを裁判で認められるかどうか、このやり取りがとても長引く原因です。

例えば性格の不一致で離婚をしたという場合。
これはどちらが悪いという優劣を決めるにはとても難しい理由になります。
性格の不一致による離婚となっても、一体何が不一致であったのか原因をはっきりさせるのも裁判になります。

お互いが悪いということにもなりますので、一般的には性格の不一致は慰謝料を請求することは難しいかもしれません。

そして忘れてはいけないのが、慰謝料を請求する権利は3年で無効になってしまいます。
ここで新たに発生してくる問題が「慰謝料を払わない」というケースもあります。
支払いを命じられた方が納得がいかない、またはその金額が金銭的に払えない。
こういう場合は新たに裁判が必要になってきますが、その労力を使わないためにも、無理が無い支払方法や支払額をはっきりと決めておくことが重要だと言えるでしょう。