www.redleafdesigns.com

慰謝料についての問題

前回にも話した、よくある問題。
慰謝料を支払うことで決定したのに、支払わないというケースです。

こういう問題は多々あり、納得がいかなかったり、支払う能力が無くなってしまったりと様々です。

解決方法の1つとしては、慰謝料を払う際に手続きした書類関係をまとめてみましょう。
ここには必ず「支払う義務」として契約がされているはずです。
これらがあれば再度請求することができます。
これは相手の財産から慰謝料を強制的に回収することが可能だということになります。
専門用語で言うと「強制執行」と言いますが、決定したことであれば必ずこれは徴収できますのでご安心を。

ただ、これらの契約書類が無い場合。
面倒くさかったという理由がほとんどなのですが、例えば口頭や自分で用意した契約書など。
これは民事裁判を起こすことが可能です。
この裁判で勝訴をすれば、上記で書いたような強制執行が行えます。
できれば、こうならないように書類をきちんと用意しておくことが最適な方法だと思います。

これとは逆に、話し合った結果「慰謝料なし」となったのに後日慰謝料を請求されたというパターンもあります。
この場合はお互いに納得しての慰謝料なしであれば改めての慰謝料請求はできません。

ただ例外としては、浮気を知らずに慰謝料なしで離婚したというケース。
これは慰謝料なしが無効になります。
つまり相手の不具合を知らずに離婚した場合は改めでの慰謝料請求ができるというのが原則です。