www.redleafdesigns.com

親権についての問題

養育費を払う側になるか払われる側になるか。
子どもを引き取って育てるのがどちらになるのかと。
つまり親権者はどちらになるのかというのも、離婚の際にもめる原因の1つでもあります。

通常であれば、経済力で劣っている方が親権者を譲らなければいけません。
普通に考えれば、経済力がある方が子どもを安心して育てることができます。
しかし、いくら夫婦間の仲が悪くとも子どもは育てたいという親がほとんどだと事実があります。
この親権者に関しては色々なパターンがあるので、まずは自分達夫婦のパワーバランスはどのような状況に置かれているのか冷静に見極めるのも必要なことです。

先程言ったもめてしまった場合、つまり夫婦間でどちらが親権者を持つか合意ができないという場合。
これは審判や判決で親権者を決めることになります。

ここは経済力という面がとても強く、子どもの今後の生活環境を考えるのであれば自ずと理解できると思います。
裁判所も親権者を決める判断の最重要要素はずばり経済力が一番です。

ただあくまでこれは法律的な問題であり、夫婦間の話し合いで解決するケースも多々あります。
やはり子どものことを考えると…という夫婦が多く、子どもには不自由させたくないという気持ちは皆さん一緒なのでしょう。

もし経済力が劣っていたとしても充分親権者になることは可能ですし、お互いの合意のもとであればどのような状況でも親権者になることはできます。
離婚してしまった時点で子どもには迷惑をかけているという気持ちが大きいでしょうが、次なるステップとして子どもにも気を使った判断が必要ということだと思います。